労働安全衛生に関する取り組み
Approach Concerning Labor Safety Hygiene


当社は、従業員の安全運転推進、労働災害防止や輸送安全確保などを行い、健全な職場環境の維持に努めます。


取組み例

1. 安全衛生委員会の定期的な開催
当社は、全ての従業員がこころと身体の健康を保ち、安全に働くことができるように努めています。各事業所で定期的に安全衛生委員会を開催し、職場環境の整備を阻害する要因や年間の統一議題に関して討議し、具体的な解決策を見出し、快適な労働環境作りを進めています。

2. 安全衛生掲示板の活用
各事業所において安全衛生掲示板を設置しています。安全管理重要連絡や労災事故、車両事故防止の為の重点項目を示した従業員向けポスターを掲示し、従業員がいつでも最新の情報を得ることができる環境作りと、全従業員の安全に対する意識の向上を図っています。

3. 安全研修の実施
当社は、用途・対象に合わせた各種安全研修を実施しています。
例)新入ドライバー対象:雇用時の安全研修
    管理職、中堅ドライバー対象:定期的な安全研修
    全従業員対象:労災事故や車両事故の発生原因と対策を中心とした事故事例     研修、ヒヤリハット研修
当社はこれらの研修を通し、安全運転の徹底及び安全に関する意識の向上を通じて、事故撲滅を図っています。

4. 定期的な目標設定による改善
労災事故発生率、車両事故発生率等の労働安全衛生目標を定期的に見直し、継続的な改善に努めています。

5. 事故発生の要因分析
労災事故や車両事故が発生した場合、事故発生の要因分析を行い、事故再発防止の徹底と継続的な改善に努めています。