輸送の安全に関する取り組み  
Approach Concerning Transport Safety


当社は、安全を最優先の課題とし、各種取り組みを行っています。


1. 輸送の安全に関する基本的な方針
(1)安全は全てに優先させます。
(2)安全運転の推進を積極的に行います。
(3)ヒヤリハット及び危険要因(キニナルコト)情報の活用により事故を予防します。
(4)法令を順守して労働災害の防止及び輸送の安全確保に努めます。
(5)労働安全衛生目標を定期的に見直し、継続的改善に努めます。
2. 輸送の安全に関する目標及びその達成状況
項目 2016年度の目標 2016年度の実績
事故件数の低減 車輌事故発生率6.5%以下 車輌事故発生率7.0%
3. 自動車事故報告規則に規定する自動車事故
2016年度実績(2016年4月1日~2017年3月31日) 4件
4. 組織体制及び指揮命令系統
安全管理規程に定めております。
(1)安全管理規程[PDFファイル]
(2)安全統括管理者
   安全統括管理者に 松原 勧(労働安全衛生管理部長)を選任
5. 輸送の安全の為に講じた措置に関する実績額
項目 内容 2016年度の実績
安全表彰の実施 無事故表彰、安全アワード(社内安全大会) 82,287千円
輸送の安全 運転者適性診断、熱中症対策
デジタコ、バックアイカメラの設置
6. 輸送の安全に関する教育及び研修、その他取組の実施状況
項目 内容
ドライバー安全研修 新人ドライバー研修
一般ドライバー研修
路線ドライバー研修
フォークリフト操作研修
事故再発防止研修
運転者適性診断の受診
その他 安全管理重要連絡の発行(随時)
労災、車両事故防止重点項目の発行
安全便りの発行
事故事例速報の発行(随時)
ヒヤリハット・危険予知トレーニングの実施
安全5指運動の実施
リスクアセスメント、安全観察の実施
5S運動の実施
7. 内部監査において講じた措置
項目 内容
内部監査体制 内部監査員による内部監査の実施(年1回)
内部監査において講じた
措置
運行管理者及び運行管理補助者資格の取得推進
運行管理業務に関する管理者への研修の実施
効果的な運行管理体制の構築(IT点呼の導入)